インターネット通販での返品ルール

インターネット通販では実際の商品より安く購入できたり、遠方へ買いに行く時間、費用を抑えることができるなどのメリットがあります。
忙しい人、地方に住む人にとってはとてもいい商品の購入方法です。
しかし、一旦購入すると返品できないのがデメリットでした。
諸品が返品できないことでトラブルとなるケースが多数発生していたため、特定商取引法により返品が可能になりました。
しかし、何でも返品できる訳ではありません。
基本的に返品が出来るかどうかをしっかり表示しておかないといけません。
返品不可と法律通りに明記してあったら全てが返品できないのではなく、届いた商品が8日間経過するまでは返品することができるというのが特定商取引法に記載されています。
返品が不可での商品であれば、一目で分かる場所に大きく明示しなくてはいけませんし、最終の購入の時にもすぐに分かる場所に明示が必要です。
購入側は返品の可否についてはしっかり確認することが必要です。